おすすめの品種「ドラセナ・ナビイ」をご紹介します。

福樹園が現在おススメしている品種があります。ドラセナ・ナビィです。
コンシンネからの枝変わりで生まれたと言われる品種で、コンシンネの葉っぱが広くなったような形をしています。実は、初めはリフレクサ・アングステフォリアの枝変わりで広葉のタイプと聞いてたのですが、どうやらコンシンネから出てきたようです。

関連記事

ドラセナ・ナビィ学名:Dracaena Navi科名:リュウゼツラン科属名:ドラセナ属原産地:沖縄ドラセナ・ナビーはリュウゼツラン科ドラセナ属、沖縄原産の植物です。ドラセナはとても種類がとても多い観葉植物ですが、中でもナビーは[…]

おススメポイント

耐陰性あり

ドラセナ・ナビィは耐陰性があるので室内に飾るのに向いています。光がある方がベストではありますが、窓際でなく部屋の奥の方でもかなり耐えてくれます。光があまり入らない場所で、どんな植物を置くか迷った際にはドラセナ・ナビィをお試しください。
生産過程では沖縄の外に出すので、強い日光に当てることも全く問題はありません。環境変化に対するストレス耐性も高いように思います。

形が崩れない

ドラセナ系全般に言えることですが、急激に伸びることがないので形が崩れにくいです。フィカス系などのように成長が早いと、その分形が崩れやすく剪定(カット)が必要になりますが、その点ドラセナ・ナビィは手間いらずです。

芽吹きがよく、再生が効く

ドラセナ系は成長が遅いので形が崩れにくく、剪定がそんなに必要ないと言いました。ただ、長く育てていけばいずれは伸びてきてしまいます。多くのドラセナ系の植物は芽吹きが悪い種類が多く、剪定(カット)しても新芽がキチンと吹かず、枝が枯れ下がってしまうリスクがあります。その点ドラセナ・ナビィは芽吹きがとても良く、平均2〜3芽吹きます。ですので、形が崩れにくい上に、万が一剪定する場合でも失敗が少ない植物です。

耐寒性はまだ未知数

ドラセナ・ナビィは比較的新しい品種で、まだ耐寒性に関するデータは集まっていませんが、他のコンシンネ系の植物と同等以上の耐寒性はあると思います。

病害虫

今の所目立った病害虫の話は聞きませんが、長く置いているとカイガラムシなどは付くかもしれません。
生産過程においては病害虫に悩まされることはほとんどありませんので、他のドラセナ・コンシンネ類と同等か付きにくい植物だと推測します。

ギフトやレンタルに向いています。

この様に、室内に強い、手間がかからない、再生が効きやすいと3拍子揃った植物は中々ありません。もらった相手に手間がかからないのでギフトで送るにも最適ですし、丈夫で再生が効くのでレンタルにも向いています。ツンツンした葉っぱなので見た目の好みは分かれるところですが、それ以上に良い点が多い植物なので、ぜひ一度使ってみてください。